フィギュアスケートの季節がやってくる

フィギュアスケート

こんにちは、亜希子です。

暑くてめまいを起こしそうな夏が終わり、あっという間に秋らしい気候になってきました。
昼間、太陽の光が届くとあたたかいけれど、かげったときや朝晩は冷えますね。

自律神経が狂いやすい時期でもあるので、みなさんお気をつけください。

この季節になると、「いよいよ始まる!」とワクワクしてしまうもの。
それは、フィギュアスケートの試合です!!

わたしの冬はフィギュアスケート観戦から始まります。

小さな試合はたくさんありますが、わたしは基本的にテレビ放送を観戦するので、大きな試合を鑑賞するのがメインです。

放送をしない試合もあり……ものすごく悲しいのですが、そういうときはニュースで結果を確認し、後日YouTubeでアップされている演技を鑑賞します。

例年、放送することが多いフィギュアスケートの試合は下記のものです。

■ ジャパンオープン
■ グランプリシリーズ
■ 全日本選手権大会
■ 四大陸選手権
■ 世界選手権

(※一部放送しない地域や試合があります。)

わたしは国内の選手はもちろんのこと、海外の選手も応援しています。

一人ひとり演技の個性が違うので、見ていると自分の好みの演技がわかってくるんです。

個人的な意見ですが、まっすぐで迫力がある演技をするタイプと、バレエを基礎にしたような優雅な演技をするタイプに分かれる気がします。

国別でいうと、アメリカなどは迫力あるタイプが多く、ロシアはなめらかなタイプが多いですね(もちろん、そうではない人も多くいます)。
日本人選手のタイプもさまざまです。もう引退してしまいましたが、浅田真央選手は優雅なタイプであり、鈴木明子選手はパワフルなタイプでした。

人それぞれ好みがあるので、どちらがよくてどちらが悪いとかではありません。

ちなみに、わたしの娘は羽生結弦選手の大ファンなんですよ♪
試合はテレビでしか見たことがありませんが、アイスショーに行って何度か生の演技を見ています。

一度は前から2番目の席で観戦しました。
そのときの娘の感激した表情といったら……!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ISU Figure Skating ⛸(@isufigureskating)がシェアした投稿

わたしには現在熱烈なファンの選手はいませんが、一番見たい選手は生で見たことのない高橋大輔選手と浅田真央選手です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

DaisukeTakahashi(@d1sk_t)がシェアした投稿


(ずいぶん前の写真ですね)

フィギュアスケート観戦の魅力は、演技・音楽・衣装などたくさんあります。
好きな選手ができたら、ぜひインスタグラムやTwitterをフォローしてくださいね。
冬ではないオフ期間の選手の日常がよくわかるので、ますます好きになって応援したくなりますよ♪

このブログでは試合後の感想なども書いていけたらなと思っています。
個人的な感想なので、独断と偏見の文章にならないか少し心配です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント