収穫の秋

つれづれ

こんにちは、亜希子です。

急に気温が下がり、秋の気配が濃くなってきましたね。
ここ何年か、夏が終わると秋をすっとばして冬がくるイメージでしたが、今年はどうなるでしょう。
過ごしやすい秋が長くあるといいなぁ。

みなさん、どの季節が好きですか?
私はダントツで秋が好き。

「前は春が好きだったけど、花粉症がひどいから秋が好き」という人は多いですし、わたしも同じ理由で春はつらいです。

でも、それだけではなく、秋の物悲しいしんみりとした雰囲気や、冬に向かっていく色合いなども好きなんです。

わたしはよく娘にヨーロッパだと「南欧タイプだよね!」といわれるので、性格は秋とは真逆かもしれませんが、こころの奥底は意外と秋と通ずるものがあるような気がします。
いや、あってほしい!なんとなく。

しっとりとした秋の趣について書きたかったのに、結局、わたしの秋といえば「食欲の秋」がぴったりです。

秋っておいしいものが多いですよね。
秋の食べ物といえば、栗、さつまいも、さんま、きのこなど。
秋の食材じゃなくても、なんでもおいしく感じる季節でもあります。

そんな秋の食材をもとめて、少し前にいもほりをしてきました。

義母が畑でさつまいもをつくっているので、毎年親戚で集まっていもほりをします。

今年は高校生の娘は参加せず(昼食のときだけやってきた)、中学生の息子は受験勉強を免除されるということでつきあってくれて、4歳の末娘は大喜びで参加しました。

わたしはさつまいもが好きですが、農作業はあまり得意ではないので、大きなスコップ作業は息子に任せて、小さなシャベルで末娘とさつまいもを掘りました。

ねずみみたいなさつまいも♪

これ、なんだと思います?

さつまいもを蒸かす機械です。
もともとは焼却炉だったらしいのですが、義母が改造していました。

そして、わたしの大好きな五平餅もありました。
(なんと五平餅は義母の手づくり!)

おいしいものがたくさん食べられて、おなかがパンパン!
みんな大満足な時間を過ごせました。

わたしは地方在住なので、普段から緑が豊かな場所に住んでいます。
それでも日常では家の中にいることが多く、出かけるのは車移動がほとんど。
思いきり緑に触れ合う機会が少ないほうです。

広々とした畑は心も体もリフレッシュしますね!
秋の花も咲いていました。

コスモスは末娘と一緒に摘んで帰りました。
明るいピンクのコスモスは、我が家のキッチンに可憐に佇んでいます。

お読みいただきありがとうございました。

コメント