今年の大河ドラマ「麒麟がくる」がおもしろい

歴史

こんにちは、亜希子です。

わたしが大河ドラマを好きなことは、少し前に書きました。

そして、今放送している大河ドラマも毎回楽しみにしています。

出典:NHK大河ドラマ「麒麟がくる」
https://www.nhk.or.jp/kirin/

主人公は明智光秀。

織田信長を本能寺の変で討ち取った明智光秀は、主君殺しということで悪者・敵役として認識されてきました。

ところが今回は明智光秀目線で物語が描かれているので、光秀はとてもよい人です。

歴史というものは勝ち取ったほうがつくっていきます。

もちろん、すべてがでたらめというわけではありませんが、何が真実なのかってわからないものなんですよね。

光秀目線で進むストーリーは、今までの光秀とはまったく違う人物像に見えます。少なくとも、わたしには。

光秀って、頭がよくてクールな人のイメージでした。(根拠なし。)
さらに、信長に虐げられてモラハラに耐えきれなくなって謀反を起こした人という認識。(すみません。)

それがどんどんくつがえされています。

主要キャスト(現在)
明智光秀(十兵衛)…長谷川博己
織田信長…染谷将太
帰蝶…川口春奈
照子…木村文乃
望月東庵…堺正章
駒…門脇麦
足利義昭…滝藤賢一
伊呂波太夫…尾野真千子
※主要キャストはそのときそのときで変化します。

大河ドラマの魅力のひとつはその配役!
今をときめく俳優さんやベテラン俳優さんがよい演技で魅了してくれるんです。

今回は帰蝶役の変更があり、どうなるかと心配しましたが、川口春奈さんが予想以上の好演をして話題になりました。

また、主役を演じる長谷川博己さんの光秀の魅力的なこと!
まだあまり表立った活躍をしていない光秀ですが、それは大河ドラマではよくあることです。

でも。
実はわたしが現時点で一番魅力的だと思っているのは、光秀ではなく織田信長だったりします!
染谷将太さんが演じる信長が、今まで見てきた信長とまったく違うのです。

これには多くの人が衝撃を受けたようで、インターネット上でもざわめきが起こっていました。

作品によって違いますが、信長というと男気あるイメージだったり、神経質なイメージだたりしますよね。(そもそも、男気あるイメージと神経質なイメージも対照的ですが…)

今回の信長は、一言でいうとサイコパス!

信長の原動力がすべて「ほめられること」なんです。

幼少期に両親に愛されたくてほめてもらいたくて、そのためにいろいろなことをする信長でしたが、それがことごとく失敗。

ついにほめてもらうことは叶わず、帰蝶と結婚し、はじめて自分をほめてくれる存在と出会いました。

帰蝶に喜んでもらうために、帰蝶の故郷を取り返す戦をおこなったりします。

人にほめてもらうこと以外は、おもしろいことが大好き。

とにかく、人のためとかそういった気持ちが一切ない様子。

こんな信長見たことありますか?

今は光秀と信頼関係を築いている信長ですが、この辺の違いから関係がおかしくなっていくのかな?と勝手に予想しています。

コロナの影響で収録と放送が遅れたため、今年の大河ドラマは12月で終わらずに延長するという話も。ぜひそうしてほしい!

とてもよい作品なので、ストーリーを削ることなく、最後まで放送してくれることを願うばかりです。

お読みいただきありがとうございました。

コメント