フィギュアスケート絶対王者 羽生結弦選手

フィギュアスケート

こんにちは、亜希子です。

このブログでは、フィギュアスケートの選手についても書いていきたいなと思っています。

今回は、羽生結弦選手について。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ISU Figure Skating ⛸(@isufigureskating)がシェアした投稿


ベタなところきましたよね。
いや、なんか、最初は有名な人から書いていったほうがいいかと思いまして。

日本人ならだれでも知っている羽生結弦選手は、現在のフィギュアスケート界で絶対王者といわれる存在です。

羽生結弦選手のすごいところ!
・アジア男子初オリンピック金メダル
・アジア初オリンピック2連覇
・男子初スーパースラム達成(ジュニア、シニアの主要国際大会をすべて制すること)
・男子初グランプリファイナル4連覇
・歴史的記録 総合得点SP FP歴代最高得点
・男子初 世界ランキング5シーズン連続1位
・国民栄誉賞受賞2018年
(ほかにもたくさんの記録や受賞があります。)

これだけ読むだけでもすごいですよね。

才能があるから?
もちろん、才能はあるでしょう。
でも、それだけではなくて、羽生選手はものすごい努力の人!負けん気の強さも有名です。

ふだんは礼儀正しく、インタビューなどもしっかり答えていますが、プーさん好きなことは有名。
演技終了後にプーさんが毎回投げ入れられている様子がテレビで映りますよね。そのプーさんは毎回寄付しているそうです。

わたしが羽生選手を知ったのは、彼がジュニアのときです。

当時わたしはジュニア選手にはほとんど興味がなかったので、はっきり応援するようになったのはシニアに上がったときから。

シニアで演技する羽生選手はまだまだ体力がなく、演技の最後はヘロヘロになることも。そのたび「がんばれー!」と祈るような気持ちで見ていました。

母親が息子を応援するような気持ちでしたね。

わたし以上に羽生選手ファンの娘は、SEIMEIが1番好きなプログラムだそうです。

わたしが1番好きなプログラムは、2011年〜2012年の『ロミオとジュリエット』。
どの試合か忘れてしまいましたが(たぶん世界選手権かグランプリファイナル?)、とてつもなく感動した試合があったのです。

いつかの羽生選手のインタビュー記事で

「未だにロミオとジュリエットのあの試合が好きだといってくれるファンの方がいて、そのときそのときの演技を覚えてくれているのがうれしい」

みたいなことが書いてありました。
(内容がうろ覚えなので、ちょっと違うかもしれませんが)

そのときに、わたしが好きな『ロミオとジュリエット』のことだと確信しました。同じようにこころ打たれて、ずっとその演技が好きな人がいるんだ、と。

とはいえ、羽生選手はずっと進化を続けています。
技術面は向上し、四回転ジャンプをバンバン跳ぶようになりました。

ジャンプ前にむずかしいターンを入れたり、踏み切り方や戻り方にもこだわっているので、そこに注目するのも楽しいです。

ジャンプ以外のスピンやステップも一流。

エッジを深く倒して体を低い状態にして滑るハイドロブレーディングもうつくしいです。

ちなみにアイスショーでは2回羽生選手の演技を見ました(1回は前から2番目の席!)。それはもうすばらしかったです!

ジャンプは跳びまくり!なにより存在感がある!
(選手によっては生よりテレビのが存在感があってうつくしく感じる人もいるんですよね。逆も然り。)

今年はコロナの影響でグランプリシリーズは欠場。
今後どうなるかわかりませんが、怪我に気をつけて、ぜひ北京オリンピックを目指してがんばってほしいです!

お読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. 入り江わに より:

    羽生結弦選手は別格ですよね!
    私はSEIMEIが好きです。
    神がかってると思います!
    もう、本当に陰陽師に見える…かっこいい…

    • 亜希子 亜希子 より:

      別格ですよね!
      羽生選手を書かずして、だれについて書くのかというほど別格。
      SEIMEIはたしかに神がかっていますね♪