フィギュアスケート ネイサン・チェン選手

フィギュアスケート

こんにちは、亜希子です。

今日はフィギュアスケート選手のネイサン・チェン選手について書きます。

ネイサン選手は先日のグランプリシリーズ・スケートアメリカで優勝しています!

ネイサン選手といえば、現時点で羽生選手の1番のライバルといえるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nathan Chen(@nathanwchen)がシェアした投稿

ネイサン選手について

アメリカ ユタ州ソルトレイクシティ出身。
身長 166cm
趣味 サイクリング、読書、ギター演奏。
コーチ ラファエル・アルトゥニアン
史上初 4F-3Tのコンビネーションジャンプ成功戦歴
平昌オリンピック3位
世界選手権2連覇
グランプリファイナル3連覇
全米選手権4連覇

FSでは、ISU公式大会およびオリンピックで史上初となる5本の4回転ジャンプに成功!

昨シーズンのネイサン選手の安定感は異常でした。
「転ぶことあるの?」というくらいです。

ジャンパーのイメージの強い選手であり、個人的にはアップテンポの曲が似合うと思います。

ジャンプをピョンピョン跳び、世界最高得点を更新してゆく様子は、羽生選手のモチベーションにもなるようで、いい相乗効果をもたらしています。

ネイサン選手の試合で、わたしが1番印象に残っているのは、なんといっても平昌オリンピック!

平昌オリンピックでは金メダル候補として出場しましたが、ショートプログラムでミスが続いてまさかの17位。
それなのに、翌日のフリープログラムでは6本の4回転ジャンプを成功させ、フリーの得点はなんと1位だったのです。

日本では浅田真央選手のソチオリンピックが似たような感じでしが、もうまさにそれと同じような感動!(順位の上がり方は浅田選手よりも上)

日本人の間ではそんなに話題にならなかったかもしれませんが、フィギュアスケートファンの間では伝説になっています。

実はスポーツだけではなくて勉強もできるネイサン選手。

名門イェール大学に進学し、統計学と医学を学んでいます。

アメリカの大学は勉強で忙しいでしょうから、勉強とスケートを両立できるなんてすごいですよね。まさに文武両道!

クルクルしたヘアスタイルがとても印象的で、演技終了後のドヤ顔がポイント!
なんだか憎めなくて、この人のドヤ顔は許せます!笑

アメリカの選手は世界選手権に出場するレベルでも、引退後はプロにならずにほかの職業につく人がたくさんいます。(もちろん、アメリカ以外もいますが)

そのため、高校卒業後の大学進学の時期にフィギュアスケートから離れたり、両立する人も大学卒業後にスケートを辞めてしまう人も。

プロになってくれればアイスショーで見られますが、辞めてしまうと見られなくなってしまいます。

それは日本人選手にもいえることですが、ファンとしてはプロとして続けて、末長く演技を見せてもらいたいものです。

ネイサン選手は大学と両立していますが、おそらく北京オリンピックには出場するのではないでしょうか。

それによって羽生選手の3連覇は危ぶまれますが、ネイサン選手の演技もオリンピックで見たいし…もどかしいですね。

お読みいただきありがとうございました。

コメント