『麒麟がくる』第三十二回「反撃の二百挺」を見て

歴史

こんにちは。

昨日は日曜日。
NHK放送『麒麟がくる』の放送日でしたね!

今回はちょっと地味な回だったかな〜という印象でした。
そういう回もありますよね。

順調で頼もしい織田信長に依存をしていた足利義昭ですが、少しずつすれ違いが表れてきた回でした。

多くの人が自分なりに平和などについて考え行動をしている大河ドラマですが、たまに憎い人が出てきます。

最近では、摂津晴門!

足利家の政所執事をしていた人です。
摂津家はもともと室町幕府の運営に参画していた名家であり、摂津晴門はそれを引き継いで活躍していたようです。

ただし、今回の大河ドラマでは摂津たちが幕府を腐らせているように描かれています。

そして、摂津は信長が邪魔でたまらない。
今まで自分の思うように幕府を動かしてきたのに、新しくやってきた人物によって自分の立場が危うくなるのが嫌なんですよね。
自分のことしか考えていないことがよく伝わってきます。

また、ねちっこい表情としゃべりかたの演技が、摂津を悪者として際立たせています。

ほんとうのところ、摂津晴門がどういった人だったかはわかりませんが、『麒麟がくる』ではかなりの悪役です。

その悪役を一蹴する十兵衛(明智光秀)!
まだ摂津を追い詰めるまではいっていませんが、スカッとした人もいるのではないでしょうか。
きょとんとしていた十兵衛はすっかり落ち着いた雰囲気になりましたね。

個人的には、織田信長・木下藤吉郎(豊臣秀吉)・足利義昭の演技と今後が気になります。

架空の人物として描かれている駒ですが、想像通り、義昭の妾(側室?)になったようです。

上等な着物を着るようになり、以前のおてんばの雰囲気は封印され、落ち着いた女性に変わっていました。

架空の人物であり世間から賛否両論の駒ですが、義昭の妾になったということは義昭の末路に関わってくるのでしょうか。

また、今回は比叡山が出てきました。

信長といえば、比叡山の焼き討ちや石山本願寺との戦が有名です。

実はわたしはその辺りのことに疎くて。

昨日の『麒麟がくる』で比叡山が朝倉氏を匿ったこと、それによって焼き討ちが行われることを知りました。

朝倉氏についてもあまり知らなかったので、今回の『麒麟がくる』は勉強になりました。

歴史は好きなのですが、実は私の知識は偏っています。
偏っているからこそ、大河ドラマを見ても歴史関係の本を読んでも、新鮮に毎回楽しめるともいえますが。

家康も最近はちょこちょこ出てきますね。
武田信玄との戦の話が出たので、それも描かれるのでしょうか。(描かれないかもしれない)

織田信長、徳川家康、豊臣秀吉、そして明智光秀。
これから、後半にかけての重要人物が活躍してくるでしょう。
十兵衛の末路を考えるとかなしい気持ちにもなりますが、毎回楽しんでいきたいですね。

お読みいただきありがとうございました。

コメント