NHK杯 アイスダンス 村元高橋組初戦の感想

フィギュアスケート

こんにちは。

今日はNHK杯のアイスダンスについて書きます!

というか、アイスダンスに転向した高橋大輔選手と村元哉中選手について書きます。

まずは高橋選手、村元選手、おつかれさまでした!

わたしはトリノオリンピックのころから高橋選手の大ファン♪
世界一のステップにいつも魅了されてきました。

高橋選手が引退したときは、それはもう演技を見ているとしょうがないな……という気持ちが大きかったけれど、もう見れなくなると思うととても悲しかったです。

それが1年間限定の復帰。
短い間だし、4年間フィギュアスケートから離れていたのだから昔のような演技はできていませんでした。
それでも、持ち前の演技力で魅せられました。

そんな高橋選手がアイスダンスに転向し、ほんとうにこの日がくるのを楽しみにしていたんです。

楽しみにはしていたけれど、アイスダンスとシングルの演技はぜんぜん違うし、1年目だから期待していませんでした。

高橋選手は大きい選手ではないので、村元選手をちゃんと持ち上げられるのかな?という不安も。

しかし!!

蓋を開けてみれば、1年目とは思えないすばらしい演技でした。

わたしはアイスダンスには詳しくないので、どんな技があるのか、点数がどのくらい出るのか、わからないことばかり。

1位の小松原選手&ティム選手の演技を見ると、ぜんぜんレベルが違うのはわかります。
スピードも技のレベルも違う。

それでも高橋選手たちのいいところがいっぱいありました!

1番いいと思ったのは、やっぱりスケーティングが上手。
足捌きは一流だし、それ以外にも上半身も滑らかでした。

ちょっとミスもあったけれど、ふたりの息がぴったりでうれしくなりました。
リフトはまだまだかなぁ。
高橋選手の足がふらふらしていましたね。
必死で持ち上げているのがよくわかりました。

またスピードもゆっくり。
速くして合わせるのはまだむずかしいのかな。

とにかく丁寧に滑っているという感じでしたが、それがもっと自然になるといいのではないでしょうか。

高橋選手は食事を1日4食にし、筋トレを増やしたそうです。
これからもっと筋肉がついてこればリフトなどはだいぶ楽になるかな。

アイスダンスは腰や膝に負担がかかるそうなので、それが心配。
高橋選手は膝に大怪我をして手術していますから。

高橋選手は現在34歳。
アイスダンスは40歳くらいでもできるようなので、まだまだ演技が見られそうです。

高橋選手のことばかり書いてきましたが、村元選手はアイスダンスでオリンピックに出場しており、日本最高の15位になっているんですよ。

四大陸選手権では銅メダルも獲得!

もちろん、現時点ではほかの選手のが上ですが、ふたりは北京オリンピックを目指しているそう。
インタビューで話していました。

怪我などがない限りはしばらくアイスダンスを続けるでしょう。

フィギュアスケート界に新しい楽しみができました!
今後の活躍が待ち遠しいです。

お読みいただきありがとうございました。

コメント