大河ドラマ『麒麟がくる』第三十四回「焼討ちの代償」を見て

歴史

こんにちは。

フィギュアスケートの記事を連続で書いていたので、『麒麟がくる』の感想が遅くなりました!

比叡山の焼き討ちが終わり、勝利を収めた織田軍。

その無惨なやりように、十兵衛(光秀)のこころは苛まれます。

比叡山の焼き討ちは、信長よりも十兵衛のほうが積極的だった説も近年有力になってきたらしいのですが、大河ドラマの主役としてはいい人十兵衛でいきたいのでしょうか。
まあ、妥当とはいえますが、冷酷な主人公もおもしろいと思うけどな。

それはともかくとして。
信長は本領発揮してきましたね。

討ち取った首を見せようとしているときのうれしそうな表情。
十兵衛が「女子どもを逃した」と発言したときの、「聞かなかったことにするけど次はない」と言い放った顔。

十兵衛大好きな信長がどうパワハラ上司になるのか?と思っていたけれど、なんとなくなりそうな感じがしてきましたね。

足利義昭の変貌もよく描かれています。
最初は気のいいお坊さんだったけれど、今はそのイメージはまったくない。
信長とうまくいかなくなっている様子が伝わってきます。

筒井順慶と松永久秀のことは詳しくないので、ネット検索をしながら見ています。

十兵衛と松永がふたりで話しているのを見るのが好きです。
ふたりとも言いたいことを言い合える感じがいいですね。
両方とも頑固そうですが。

初期の斎藤道三と十兵衛のやりとりをなつかしく思い出します。

そして、帝!
信長が褒めてもらいたい人間だと見抜いていましたね。

「褒めてほしそうだった。ほめてやった。」
手の上で転がしている!

しかし最後に本音が出ました。

「無惨な戦であった」

と。

調べたところ、本能寺の変は帝が黒幕説もあるそうで。
それはそれでおもしろそうだと思いますね。

とにかく褒めてもらうために生きているような信長。
とくに、じぶんの認めた相手、じぶんより上の相手に褒めてもらうことが重要なようです。

褒めてほしかった父が1番尊敬していた帝に褒めてもらいたい、とか。

将軍の義昭にはその器がないと思っているので、べつに褒めてもらわなくてもいいんでしょうね。

今回は動きの少ない回でしたが、細かい場所に伏線があるのでしょうか。
気になります。

予告では十兵衛がピンチに陥っていました。
ハラハラドキドキでおもしろそうでした!
楽しみ。

十兵衛は近江をもらったころに織田の家臣になったという説があります。
そのため、今まで両方に属していたのが織田のみになるのもそろそろでしょうね。

回数があと少しなのに、今回のんびりと進んでいましたね。
大丈夫なのかなー。

ようやく主人公の十兵衛がたくさん出てくるようになってきました。
これまではだれが主人公?という感じもありましたし。
まあ、そういう大河ドラマも多いですが。

十兵衛に比べて駒や東庵がたくさん出てきますね。
もう少し十兵衛の家族について深掘りしたり、帰蝶を出してくれるとうれしいのだけれど。

そろそろクライマックスが近づいてきたので、見逃さないよう楽しみたいです。

お読みいただきありがとうございました。

コメント