大河ドラマ『麒麟がくる』第三十六回「訣別(けつべつ)」を見て

歴史

こんにちは。

昨日はNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の放送日でしたね!
今回は織田信長と足利義昭の訣別の回でした。

決裂しそうで決裂しない関係が長く続いていましたが、ついに訣別。
信長も義昭も根本的には悪い人じゃないんだけど、お互い自己中心的なところがあったり、じぶんは決して間違っていないと思っていたりします。

義昭は武士の棟梁である将軍は敬われて当然と思っているけれど、信長はそういう前例的な考え方では生きてないので、どんどん溝ができてしまう。

将軍に対してはそうでも、信長も十兵衛(光秀)も帝への想いは違います。
きっと当時の帝は神様みたいなものだったんでしょうね。
キリスト教でいうと、イエスキリストみたいな感じ?
わからないですけど。
帝に声をかけられたときの十兵衛の感激といったら……!
おそらくフィクションだとは思いますが、もしかしたらそんなこともあったかもしれませんね。

帝のところに行ったところまではよかったものの、その後の十兵衛には苦難が待ち受けていました
義昭と信長の関係性が悪化していったからです。

十兵衛は義昭の部下でもあり、信長の部下になりつつもありました。
(史実でもいつから信長の部下になったかははっきりしないようです。)

前回、信長と義昭の関係をなんとか持ち堪えさせていたけれど、やっぱり無理だったんですね。
十兵衛の中間管理職感がものすごいです!笑
どちらも守ろうとするけれど、なかなかうまくいきません。
当時はすぐに連絡を取る方法がないし、いろいろ気を配る仕事はほかにもあったでしょうしね。

なんとか関係を維持しようと多少気を遣う信長と、もう耐えられい義昭の様子がうまく描かれていました。

武田氏、朝倉氏、浅井氏、松永氏、足利氏を敵に回るなんて、織田氏に勝ち目がまったくなさそうですよね。
家康も大敗しているし。
それでも信長側についた十兵衛すごい!(史実はわかりませんが。)

義昭が信長と戦うと決め、それを知ったシーン。
十兵衛役の長谷川博己さん渾身の演技でした!
十兵衛の悔しさ、辛さがヒシヒシと伝わってきました。

そして義昭も相変わらず上手!
来週からは敵同士ですね。
十兵衛はどう絡んでくるのでしょうか。

また今回は、妻の煕子がたくさん出てきました。
ふたりの関係は癒されます。
十兵衛は生涯妾をつくらず、煕子一筋だったといわれています。
また、祝言のときの逸話も残っているんですよ。

祝言の日、妻として煕子ではなく煕子の姉妹がやってきたそうです。
煕子の顔に病気であざができてしまったため、煕子の親があざのない姉妹を妻として寄越したとか。
それに気づいた十兵衛は、あざがあっても煕子がよいと言い、結局煕子と結婚したそうです。

ほかにも夫を支えてきた逸話があったりして、この夫婦がお互いを思いやるすてきな関係だったことがわかっています。

ゴタゴタして大変なシーンが多いからこそ、癒されるシーンがあるとメリハリがつきますね。

残りわずか。
楽しみにしていきましょう。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント