全日本フィギュア2020 女子男子SP・男子FP・アイスダンスの感想

フィギュアスケート

こんにちは。

全日本フィギュアがはじまりましたね!
先日からわたしはテレビに釘付けです。

この冬はコロナの影響もあり、今季初めて見られる選手もいます。
特に紀平選手と羽生選手の演技を楽しみにしていました!

まずは女子SPから。

女子は紀平選手がSP1位通過!
初戦とは思えない演技でしたね。

トリプルアクセルを軽々と決め、ちょっとしたミスはあったけれど大きなミスはなく、安定感のある滑りでした。
スケーティングやっぱり上手ですね〜!
そして、演技で注目を集めたのが、片手側転
アクロバットな演技にびっくりした人も多いのでは?

もともと陸上での片手側転は得意らしいですが、氷上では滑るからむずかしいらしいです。
それを簡単そうにひょいっとする姿、圧巻ですね。
演技構成点に影響していそうです。

2位は坂本選手。
安定したうつくしい滑りでしたね。
前の試合でも思ったけど、坂本選手、ほんとうにスケーティングが上手になったと思う!
勢いだけじゃない滑りになりましたよね。

3位は三原選手。
三原選手は久しぶりにテレビで見ました。
NHK杯はテレビ放送されなかったので。(YouTubeで見ました。)
復帰して一からの練習だったはずなのに、すべてのジャンプを決めた美しい滑りでした。
ほんとうにフィギュアスケートが好きなのが伝わってきますね。

男子はSP・FSともに終了。

羽生選手が圧倒的な強さで優勝しました!
おめでとうございます。

SPはノリノリの演技で、ますでエキシビションみたいでしたね!
スピンがまさかの0点になってしまいましたが、羽生選手のことなので、今後はそんなふうにならないように改善していくでしょう。

FSはもう完璧!
ジャンプをどんどん決めていきました。
音楽ともマッチした演技。
羽生ファンの長女はもう身悶えていました。笑

2位は宇野選手。
こちらも羽生選手と同じで、SPが激しい曲でFSはゆったりした曲でした。
SPはかなり個性的な曲!
数年前に激しい曲をしたときに、激しい曲は苦手だと答えていましたが、今はもう大丈夫なのかな?

FSは演技が終わったあとに飛び跳ねて喜んでいましたね!
4回転ジャンプが4本決まったことがうれしかったのでしょう。
宇野選手はジャンプが失敗すると笑ってしまうそうです。
今回もちょっと笑っている場所がありましたよ。
かわいい……。

3位は鍵山選手。
鍵山選手、一気に上がってきましたね!
ジャンプがものすごく上手で、世界でも戦える選手だと思います。

ジャンプは羽生選手っぽくて、ステップは高橋選手や宇野選手寄りに感じます。
エッジが深いのかなぁ。色気のあるステップ。
上記のふたりほどではないけど、今後に期待!

そして、アイスダンスの注目は高橋・村元組
公式練習で転倒があり、村元選手が膝を負傷との情報があったので心配していましたが、最後まで大きなミスなく滑り切っていました。
NHK杯よりもスピードが出ていた気がします!
NHK杯は緊張でガチガチだったのかな?
ふたりは試合の数をこなしたいでしょうから、演技できてよかったです。
怪我がひどくないことを祈ります。

今日は女子FS!
楽しみです。

『麒麟がくる』とかぶるので、非常に困ります。汗

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント