大河ドラマ『麒麟がくる』第四十回「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」を見て

歴史

こんにちは。

昨日は大河ドラマ『麒麟がくる』の放送日でした。
第四十回ということで、あと残りわずか!

今回は初期から出ていた松永久秀との別れの回でした。
まさか、こんなに松永が長く重要な人物として描かれるとは思ってもみませんでした。

松永の死については賛否両論のようです。
史実かどうかはっきりしないから描かれなかったのかもしれませんが、松永は平蜘蛛とともに爆死したという話が有名です。
そう描かれると思っていたのですが、爆死ではなく切腹でしたね。
松永を演じた吉田鋼太郎さんも「爆死じゃないのは残念。」とインタビューで話していたそうです。

平蜘蛛を破壊せずに、十兵衛(光秀)と信長の確執をつくるために使ったのは、なかなか考えられているなと思いましたが。

十兵衛と松永の別れ。
十兵衛がめちゃくちゃ泣いていましたね。
そんなに松永のこと好きだったの!?

そして、その後。
久しぶりに帰蝶が出てきます。
ほんとうに久しぶり。
うつくしさはそのまま。

信長についていけなくなり、美濃に帰ることを話します。

ずっと帰蝶を頼りにしてきた信長。
帰蝶のことを母だと話していたこともありました。

帰蝶と別れたあと、信長が十兵衛に平蜘蛛について尋ねます。

もう、めちゃくちゃ緊迫したシーン!

「こわいこわいこわい!!」

と娘と言いながら見ました。

信長は忍によって、十兵衛と松永が密会していたことを知っていると言います。
そして、「平蜘蛛のことは聞いていないか?」と尋ねる。

十兵衛は迷った末に、平蜘蛛のことは知らないと答えます。
ほんとうは松永から十兵衛に譲る話になっていたのに……。

こわいこわいこわい!

十兵衛が去ったあと、信長は言います。

「十兵衛が初めて嘘をついた。」
と。

秀吉の調べにより、十兵衛に平蜘蛛が渡ることを信長は知っていたのです。

カマをかけたのね!

これって、本能寺の変への伏線?

初めて、ふたりにはっきりわかる亀裂が入った瞬間だったかもしれません。

帰蝶に喜んでほしくてここまで山を登ってきた。
帝に褒めてほしくて尽くしてきた。
それなのに、みんなにそっぽを向かれ、さらに信頼していた部下の十兵衛には嘘をつかれる。
信長の精神状態が心配になるほどです。

成功していくにつれて、孤独になっていく様子がうまく描かれていますね。
信長は本気でなぜこうなるのかわからない。
他人と感覚が違うというか、他人の気持ちを考えるのが苦手なのもあるでしょうね。

それにしても、信長の演技がうますぎる……!

十兵衛と会う前の癇癪も相変わらずうまいし、その後の冷たい目や表情など、目の前にいたら震えが止まらなくなりそう。
信長が主役だったかと錯覚してしまうほど。

インテビューで、「最終回の本能寺の変では……。」といわれているそうなので、もしかしたら、本能寺の変後の十兵衛は描かれない!?
本気で信長が主役みたいな終わりかたをするかも。

どちらにしても、あと数回。
ゾクゾクする信長を楽しみたいです!

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント