大河ドラマ『麒麟がくる』第四十一回「月にのぼる者」を見て

歴史

こんにちは。

昨日のブログで続きのある記事を書いておきながら、今日は『麒麟がくる』の感想です。
すみません。

少しずつ信長の天下統一への道がぐらついてきました。
離れていく人が増えてきたのです。

十兵衛も気持ちが揺らぐひとり。
なんか、十兵衛はいつも変わりゆく上司に揺れて苦しんでいる気がしてしまいます。

前回、松永久秀の平蜘蛛によって信長からの信頼が揺らぎ始めた十兵衛。
今回は、平蜘蛛を秀吉に見せ、じぶんを陥れたことを責め、平蜘蛛を信長に献上しました。

秀吉は腹黒すぎる。
じぶんの出世にうまく十兵衛を使ったこと、十兵衛にバレバレ。
でも、十兵衛に責められれば、うまいことかわすというか逃げるというか……。
十兵衛みたいにまっすぐな人間には、秀吉のようにうまく立ち回ってずる賢い人間は信用できなくて嫌いなんでしょうね。

「平蜘蛛、もう信長に渡そうよ〜。怖いよ〜。」
と思っていたら、ちゃんと献上。

でも、なんだか思いもよらぬ展開へ。
わたしはてっきり信長が喜んでまた十兵衛と仲良くなるのかと思ったんだけど、信長はもう十兵衛のことばを素直にきけなくなっています。
十兵衛の苦言をなんとか毎回聞き流そうとがんばっていますが、なんか、聞き流したあとの一言が嫌味っぽいんですよね。
そして、それが十兵衛のこころを乱れさせる……。

平蜘蛛も、十兵衛は「覚悟を持って平蜘蛛を持ってほしい。責任ある指導者になってほしい。」という願いだったと思うんだけど、信長はじぶんにそれがないから持つように言われているとでも思ったのでしょうか。うーん。

今回は帝のお姿を拝見できた十兵衛。
むかしから、武力で上にのしあがろうとしてきた者がたくさんいるけれど、みんな月に行ってしまったという話をします。

それって……みんな上を目指したけど死んでしまったということかなぁ。

最初はみんな民のため、平和のためにがんばっているけれど、いつからかみんなじぶんの利益しか考えなくなっていくことを表している気がしました。

帝は信長の今後を十兵衛に託します。
「見届けよ。」と。

でも帝はこれで終わりかな。
もう出てこなさそう。

帝黒幕説があるかと思ったけれど、ないような気がしました。

信長との十兵衛の亀裂を見ていると、黒幕とかないかもしれないと思うようになってきました。
横暴でついていけない信長を十兵衛がやっつける……ただそれだけの構図になりそうな。
もしそうなら、思ったよりふつうかもしれない。

そうそう、今回よかったなと思ったのは、菊丸と十兵衛の会話。
菊丸が忍であることを知っていた十兵衛は、菊丸のもとへ行き、秀吉の魔の手から逃げるように進言します。
ちゃんと家康の忍ということもわかっていたのね!なんでだろう。

十兵衛、絶対菊丸のこと好きですね。
表情を見ていればわかります。
逃げ切った菊丸は、今後も出てくるのでしょうか。

HPには、本能寺の変まであと4年!と載っています。

来週からはパワハラ信長のようですよ!
本能寺に一直線でしょうか。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント