わたしとインテリア②リフォームを決意

インテリア

こんにちは。

「わたしとインテリア」の②です。

インテリアのセンスがないまま、家にいても居心地がいいと思うことなく、購入した中古住宅での生活が15年続きました。

最近の家は収納が多くて、間取りもデザインもむかしとは違いますね。
新しく新築を建てた友だちや弟妹の家におじゃましたときに、つくづくと違いを感じました。
うらやましい気持ちと、しょうがないという気持ち。

家が気に入らないと掃除も適当になるんですよね。
まさに悪循環。

そんななか、我が家にリフォームの話が持ち上がりました。

我が家の2階にはサンルームがありました。
しかし、ふだん使うことはまったくなく、梅雨に時期や雨の日に洗濯物を干すだけ。
さらに、そのサンルームは雨漏りをしており、床が腐ってきていたのです。

サンルームの下は部屋ではなく、物置のように使われていました。
もともと犬小屋としてつくられたものでした。
家はしっかりとしたつくりなのに、サンルームとサンルーム下だけは後付けで、あまり良いつくりではなかったようです。

いずれ、そのサンルームを撤去しなければならないとは思っていました。
撤去だけで何十万もお金がかかる。

でも、同時にほかの箇所をリフォームしてしまえば?
サンルーム下を部屋したら、部屋が増えて過ごしやすくなる?

そういう考えになっていったのです。

最初はそれだけのリフォームを考えていましたが、そのうちキッチンやリビング、和室も一緒にリフォームしたくなりました。
リフォームというのは、少しずつやるのではなくて、まとめてやるほうがコストパフォーマンスがよいのです。
もちろん、住んでいる人の労力も少なく済みますよね。

リフォームを考えてから1年後。

ついに我が家は工事に入りました。


これが元犬小屋。我が家が物置として使っていたところ。リビングに隣接していたので、リビングから丸見えでした。


撤去!


工事!


できあがり!
もう物が置いてあり、住んでいる状態です。
部屋の一部ですが。

物置の上部分、もともとサンルームだった場所は……

広いベランダになりました。


ベランダ用のマットも敷きました!

ほかの部屋の写真も載せますね。

和室をフローリングにしてピアノ部屋に!


扉はすべて全開にできるものに。
これで部屋を全部繋げると、めちゃ広い家と錯覚!笑



キッチンはなるべくシンプルなものにしました。
あまりお金をかえられないのもあるけど。
譲れない細かいところはきちんとよいものにしています。

ほかにも壊れていたクローゼットの扉を変えてもらったり、洗面所の床を張り替えてもらったり、壁紙を変えてもらったりなど、ちょこちょことお願いしました。

ほんとうはお風呂とトイレの水回りもしたかったけど、まだそんなに古い感じはしないし、使えるからしませんでした。
これは金銭的な問題が大きい……。
いずれ、水回りパックとかでリフォームしたい。

キッチンも変えずに使う選択もあったんです。
でも部屋が新しくなるのに古いキッチンと収納じゃ過ごしにくいと思って変えることにしました。

とにかく、使い勝手の良さと居心地の良さを重視!
おしゃれさはあまり考えず、物で変化がつけられるようにシンプルにしました。

ゴミが目立たないことばかりこだわっていたので、リフォーム屋さんにいっぱい笑われましたよ。

リフォームが終わったあとは、インテリアですね!

③に続く……

コメント