男の料理は最高!夫が料理に目覚めた

つれづれ

こんにちは。

昨日今日と仕事が立て込んで、バタバタしていました。
フリーランスで働いているのですが、なかなか規則正しく仕事ができません。
わたしの生活自体は子育て中心なので規則正しいのですが、タイミングよく仕事が集まるかというとそうではなく、めちゃくちゃ忙しい週があれば、めちゃくちゃ暇な週も……。

土日は育児中心で仕事はしなくていいように、あまり仕事を受けすぎないようにはしているんですけどね。

さて、そんな昨日今日。
わたしはほとんど家事・育児をしていません。

なぜなら、夫が休みだからです。
末娘が夫にべったりなので、夫がいるとわたしは末娘の世話をまったくしません。

わたしがなにかしようとすると、
「パパがいい!パパにしてもらう!」
と言うのです。

わたしはなにもできない。
やったね!笑

夫はもともと家事をしない人でした。
仕事が忙しすぎたのもあるし、育った家がほとんどお手伝いをさせなかったせいかもしれません。

義母は台所に他人が入るのが好きではなく、子どもも男しかいなかったのでなにもかもしてあげていたのです。
むかしはそれが当たり前の時代もありましたよね……。

そんな息子たちが大人になってなんでもできるようになるために、「子どもは大学になったら家から出してなんでもできるようにすべきだ。」とよく言っていましたが、息子たちは大学で家を出たものの、なにもできないままでした。
今は簡単に外食ができるし、コンビニもありますからね。

なにもできない夫をわたしは教育することもできずに、早18年。

なぜかうちの夫が去年くらいから料理に目覚めました!!

人間、40歳をすぎても変わることがあるのですね〜。

YouTubeやスマートフォンのアプリで、簡単でおいしい料理が発信されるようになっているのも関係しているようです。

最初は量がわからずに大量の料理を作ったり、よい食材ばかり買ってきて散財したりしていましたが、そこで文句を言ってはいけないと、わたしはぐっと我慢。

今では量もだいぶわかるようになり、味付けもわたしより上手!
食材の値段も気にして、コスパのよい料理もつくれるようになりました。

わたしは毎日食事の用意をするので、あまり凝ったものはつくらないし、低価格なメニューばかり。
それに比べて、純粋に料理を楽しんでいる夫。
夫のつくる料理のほうが断然おいしい!

作業する時間はわたしの2、3倍かかっていますが。

わたしにとっては毎日のめんどくさい家事でも、夫にはストレス発散の趣味になるようです。

最近は休みのたびに料理をつくってくれます。

ガーリックたっぷり、チーズたっぷり、ネギたっぷりの洋風料理が多いですね。
毎日だと飽きてしまいそうだけど、たまにだからおいしく食べられます♪

まさかこんな日がくるなんて。
まだ先ですが、老後もこわくなくなりました。笑

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント