きんかん狩りと観覧車

きんかん 子ども
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは*

先日の休日(天皇誕生日)に末娘ときんかん狩りに行ってきました。

きんかん狩りといっても、知り合いの畑になっているきんかんを「自由に採ってもいいよ」というものなので、そんな大仰なことではありません。

小さいうちにいろいろな体験をさせるというのが目的です。

わたしの実家は今は建て直してしまいましたが昔は古い家で、庭には梅やきんかんがありました。
そのため、わたしにとって梅は庭で鑑賞するもの。
きんかんは勝手にできるので、買うものではないし、勝手にちぎって食べるものでした。笑

いつも手でむしり採っていましたが、今回はハサミで採ります。

子どもの体験が目的なので、わたしは手伝ったり写真を撮ったりして過ごしました。

きんかん

1本の木にもたっぷりのきんかんがなっています。

きんかんとハサミ

ハサミの使い方にドキドキ。

きんかんを採る子ども

がんばりました!

梅

わたしは被写体を見つけるとパシャリ。
これは梅です。

桃の花

桃の花も少し咲いていました。
桃の花ってかわいいですよね。
桃の枝がスーパーに売っていると、つい立ち止まって買おうか迷ってしまいます。

たくさんのきんかんがどうなったのか……。
たぶん、義母がきんかんジャムでも作るのでしょう。
そして、我が家にもそのうち届くかもしれません。

きんかん作業が終わったあとは、わたしと末娘といとこ親子で観覧車に乗りに行ってきました。

2月23日は天皇誕生日ですが、じつは「富士山の日」でもあるのです。

静岡の一部の学校は休みになるので、子どもたちは喜んでいたのですが……これからは天皇誕生日なので全国一斉にお休みですね。

富士山の日にはいろいろイベントが行われていたと思うのですが、我が家の近くにあるショッピングセンターの観覧車も無料券を発行していました!
わたしは無料券を持っていたので、嬉々として行ってきましたよ〜。

ふだん家の近くの観覧車なんて乗らないのに、現金なものですよね。

ほかの人も同じで、ふだんガラガラの観覧車に長蛇の列。
最初は50分待ちと言われて仰天しましたが、なんとか20分程度並んで乗れました!

子どもたちは大喜び。

「車が小さい!」
「人なんてめちゃくちゃ小さいよ!」

と、富士山や海の景色ではなく、いつも身近にあるものが小さくなって見えることのほうがおもしろかったようです。

風がなくて揺れないのでよかったです。
年齢を重ねれば重ねるほど、高いところが怖くなっていきますね。
きっといろいろな想像をしてしまうからでしょうね。

とても暖かい日だったので、きんかん狩りも観覧車に並ぶのも寒くなくてよかったです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント