雛人形は出しましたか?

ちりめん 雛人形 子ども

こんにちは*

2月もあっという間に終わりが近づいてきましたね。
もうすぐ3月。
3月は学年の終わりや卒業式がありますが、その前にひな祭りがありますね。

女の子がいる家庭はちょっとしたお祝いをする家庭も多いのではないでしょうか。
2月には雛人形を飾りますよね。

我が家には7段飾りがあります。
長女が生まれたときに、新しいお雛様を買うのではなく実家からじぶんのものを持ってきたのです。

お雛様自体、一人ひとりのものだから子どもには譲らないという地域もあるようですが、姉妹の家が人数分のお雛様を買うなんて聞いたことがないし、わたしの地元にはそんな言い伝えはないので、気にせずに持ってきました。

最近は7段飾りを買う・飾る家は少ないようですね。

たしかに場所を取るし、飾るのも一苦労ですから。
飾るのが大変というより、飾る棚を組み立てるのが大変。

長女が小さいころはそれでもがんばって飾っていました。
そのうち、お雛様とお内裏様だけ出してきて、ピアノの上にちょこんと飾るようになり、今ではまったく飾らなくなりました。

末娘が生まれてからも飾っておらず、末娘にとってお雛様は保育園に飾られているものという感覚でしょう。

今年、重い腰を上げて7段飾りを飾った……わけではなく、新たに小さなちりめんのお雛様とお内裏様を購入しました。
ちりめん 雛人形お雛様お内裏様

かわいらしい顔をしています。

大きさは約10cm。

小ぶりなので電話代の上に置いています。

少し寂しいので、100均で花のボンボンを買ってきて隣に飾りました。
あとはひなあられも。
それだけでももう棚はいっぱい。

インターネットで購入をしたもので、高級品ではありませんが、かわいらしいし、子どもも喜んだのでよかったです。
こういうのがあるだけで、季節感も感じられますしね。

メインで雛人形として飾るというよりは、玄関の棚などに飾るような、ほんとうに小ぶりのものです。

小さな子どもだったら、遊びの人形として使ってしまいそうですが、うちの子どもはまったく触らず。
わたしは子どものころ、ふつうのお雛様でも遊んでいたけどなあ。笑

ちなみに、ひな祭りに思い出はないのですが、雛人形の思い出はあります。

わたしの誕生日が2月なので、その誕生日会に間に合うように、いつも父が7段飾りを出してくれました。
当時でも7段飾りの家が少なかったため(3段とかが多かった。)、みんなが「すごーい!」と言ってくれたり、みんなで写真を撮ったりするのが楽しく、誇らしい気持ちでした。

長女が小さいころにも出して、友達とお祝いしたこともありました。

そういうことを思い出すと、末娘にも7段飾りを出してあげなきゃな〜と思います。

単身赴任の夫が帰ってきて、余裕ができたらでしょうか。
ひとりでは棚を作れそうにありませんから。

小さなちりめんの雛人形で、今年はお祝いしたいと思います。
3月3日が待ち遠しい!

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント